風立ちぬ



『風立ちぬ』鑑賞

宮崎駿監督が「崖の上のポニョ」(2008)以来5年ぶりに手がけた長編作。ゼロ戦設計者として知られる堀越二郎と、同時代に生きた文学者・堀辰雄の人生をモデルに生み出された主人公の青年技師・二郎が、関東大震災や経済不況に見舞われ、やがて戦争へと突入していく1920年代という時代にいかに生きたか、その半生を描く。幼い頃から空にあこがれを抱いて育った学生・堀越二郎は、震災の混乱の中で、少女・菜穂子と運命な出会いを果たす。やがて飛行機設計技師として就職し、その才能を買われた二郎は、同期の本庄らとともに技術視察でドイツや西洋諸国をまわり、見聞を広めていく。そしてある夏、二郎は避暑休暇で訪れた山のホテルで菜穂子と再会。やがて2人は結婚する。菜穂子は病弱で療養所暮らしも長引くが、二郎は愛する人の存在に支えられ、新たな飛行機作りに没頭していく。宮崎監督が模型雑誌「月刊モデルグラフィックス」で連載していた漫画が原作。「新世紀エヴァンゲリオン」の監督として知られる庵野秀明が主人公・二郎の声優を務めた。松任谷由美が「魔女の宅急便」以来24年ぶりにジブリ作品に主題歌を提供。

ジブリ作品を観に行くのは、というか観ること自体えらく久しぶり。
最後に観たのは『千と千尋の神隠し*1かなぁ。


飛行機には全く興味ないので、そっち方面はご容赦を。


ほぼ心象風景だけで構築されている、なかなか変な映画。主観を客観と描け、具象と心象が全く同じトーンで描けるアニメならでは。
だから、人生のクライマックス(といい思い出)だけがクローズアップされるため、何の説明もなく時間は跳ぶし、自身が開発した戦闘機の末路は出ないし、山盛りクレソンは意味もなくアップになるし、世界漫遊は心に残らなかったのかまるで描かれない。


では、誰の心象風景かというと、主人公二郎であるとともに、宮崎駿監督の願望でもある。だからこそ、弟子の庵野秀明が声を当ててるんだよね。
ただ、この訓練されてない声に激しく違和感。他のキャストがしっかりしている分、かなり浮いている。普段の喋りはまだしも、感情的なシーンは如何ともし難い。
これなら、監督がやっちゃえばよかったのに(笑)
声といえば、サッシャを確認し忘れた!


また、菜穂子の命数が、天才のエゴに浪費されていくように見えなくもないけど、絵を描いている彼女に立ったままチュウしたかったんだし、夜に仕事してるカッコいいオレの横顔を妻に見てもらいたい(『紅の豚*2でもあったね)だけなんだから、その他のことはどうでもいいんですよ。
気になったのが、黒川夫人が大量の押鮨(?)を作ってるけど、あれ、なに?


紅の豚』以上に願望と妄想が蒸留されているので、女子供はCMに騙されないよう要注意。