MY SISTER'S KEEPER

わたしのなかのあなた (Hayakawa Novels)

わたしのなかのあなた (Hayakawa Novels)

『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー早川書房〉読了

アナは13歳。白血病の姉のドナーとなるため、遺伝子操作によって誕生した。今まで、輸血や骨髄などを提供してきたが、決定的な効果は現れない。ついに両親は、腎臓移植を決意するが、アナはそれを拒み、自分の体の権利を守るため、弁護士を雇い、両親を相手に訴訟を起こす!
はたして、裁判の行方は? そして、アナが訴訟を起こした真の理由とは?

「あなたならどうする?」とか「それは正義なのか?」みたいな問題提起型のジャンル小説は実はけっこう好き。アメコミだけど『WATCHMEN』とかね。


腎臓移植とはタイムリー。
自分の周りには、今までこういうことはなかったし、仮定の話をするなば、命が助かるのなら、と思ったりもするけど、いざそういう自体になったら、内臓一個あげちゃうっていうのは考えるよなぁ。


さて、本書。
はたして、自分だったらどうするか、という問題提起のため、主要キャラ全員の視点で物語は描かれている。
ちょっと余計なエピソードがくっついてるけど、最後の裁判とかなかなかよかったです。
ただ、このラストは……。個人的には一気に白けました。これなら、問題提起しっぱなしで、裁判ともに話も終わらせてくれた方がよかったかなぁ。


関係ないけど、作者は今度ワンダーウーマンのライターをやるそうです